FC2ブログ
鉄道旅客輸送統計【懐古編】ブログ
鉄道旅客輸送統計【懐古編】サイト管理人の隠居部屋
鉄道事業者どうしの重複区間
新年度になり少し経ち(三江線廃止などもあったので)、
各種データベース系サイト様で更新情報を早速発信しているようです、
ということで表題の部分も見てみましょう。

重複種別区間(駒鉄太郎の鉄道データベース)・2017年10月15日最終更新
日本の鉄道営業キロ(重複区間)貨物営業キロ(第2種鉄道事業者)(TQFeC)・2018. 4. 1現在

良く目を凝らして?見てみると神戸高速鉄道(阪急電鉄)の三宮→神戸三宮なんかが
双方とも共通で以下略・・・
こういうのってしばしば変わるのでメンテは大変ですが大阪市高速電気軌道も
発足しましたので、気がついたら変わっているかもしれませんね。

Wikipediaの鉄道事業者(第三種鉄道事業)日本貨物鉄道(第二種鉄道事業路線)あたりも
参考になりますので比較してみると良いかもしれません。

なお若桜鉄道ですが厳密には
八頭町 郡家~八頭町若桜線接続点 16.5
若桜町 八頭町若桜線接続点~若桜 2.7
となり若桜町・八頭町は同じ事業者ではありません(接続点の呼称は資料により少々表記ゆれあり)
出典:※鉄道及び軌道事業者の概要(中国運輸局)
京成電鉄(成田空港線)の成田高速鉄道アクセス・成田空港高速鉄道なんかは
接続点で分断されているものの別々に分けてある資料が多いんですが・・・

※どうでもいいですが索道事業者(22コマ)の事業者名ってどうやって決めてるんでしょう?
運転受託事業者と思われるものが記載されているような気もします。
法律だと第三十四条の二

索道事業の許可を受けた者(以下「索道事業者」という。)

になっているんですが・・・もしかするとこっそり事業者が変わっているんでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekinenpyou.blog.fc2.com/tb.php/63-0f5de57e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)