FC2ブログ
鉄道旅客輸送統計【懐古編】ブログ
鉄道旅客輸送統計【懐古編】サイト管理人の隠居部屋
BRT路線の謎【2】
先週の続きです
JR東日本のBRT(鉄道要覧の謎)でも取り上げられていますが
BRTの停留所と鉄道の駅が混同されている?影響か、
鉄道統計年報では碁石海岸口と奇跡の一本松が年度中開業の新駅とされています。
参考:H25年度の許可・特許等一覧(その2)
(これ以外の新設停留所もありますが、その他年度には掲載なしなので
掲載されているのは不適切?)

細かいですが、要覧の路線図は長部をBRTの停留所としていないような気が・・・
(既設の鉄道駅と同じだと勘違いしている?)

似たような前例は過去にあったのか?

鉄道を一切運行せず恒常的に代行バスが運転されていた例としては
比較的有名ですが国鉄時代の士幌線(糠平~十勝三股)が挙げられます。
詳細はDoctorTTのホームページ(十勝三股)などを参照のこと

上記の区間も統計上は鉄道と同等に扱われており、
書類上の廃止日(S62.3.23)は他の区間と同等です。
したがって、S53.12.25~62.3.22まで10年近く代行バスが運行されていたくらいですから
BRT区間で実質鉄道の復旧の可能性が限りなくゼロになったとしても
事業廃止届出などを行う可能性は今後も低そうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekinenpyou.blog.fc2.com/tb.php/60-79e7371d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)