鉄道旅客輸送統計【懐古編】ブログ
鉄道旅客輸送統計【懐古編】サイト管理人の隠居部屋
「停車場変遷大事典 国鉄・JR編」の正誤(新情報)追加について【前書1】
標記のタイトルを開始するにあたって
補足説明を2週(回)程度でざっと行いたいと思います。

その前に「停車場変遷大事典 国鉄・JR編」(以下、同書と略す)って何?
という方もいらっしゃるかもしれませんので、そうした方は
鉄道フォーラム様のサイトで概要の事前確認をお願いします。

なお、歴史地理学会のサイト内にてもう少し細かい内容で書評※が
掲載されているので、そちらもあわせてご参照いただければより
同書の内容を把握できるかと思います。

歴史地理学 第195(41-4)号 [1999年9月]
石野哲・水谷昌義・高山拡志・浅野明彦 共編『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 1・2』参照

同書の情報量は膨大で、その調査手法も去ることながら大変な労作と言えるでしょう。
ただし(書評でも触れられていますが)その膨大さゆえ、
訂正できる箇所もそれなりに存在しています。

そこで、本企画ではまず同書(2巻)記載の駅名順に沿った形で
いくつかの路線ブロックごとに分けたものをベース記事として作成し、
そこに都度正誤(新情報)を記載してゆきます。
(鉄道フォーラム様のサイトにある補遺データと似たようなイメージです)

また、同書の掲載内容は多岐にわたっていますが、当面は2巻の下記項目にスポットを当てて
正誤(新情報)を記載したいと思います。

A:駅の改廃履歴(名称・開業・廃止年月日など)
B:駅間距離変遷履歴
C:所在地変遷履歴

なお、上記A-CのうちまずC:所在地の変遷履歴の正誤(新情報)追加から
掲載を予定しています、誤りであるという点などの説明が容易で、
鉄道関連の専門的な知識のない方でも理解しやすい部分があるので
優先して作成することとしました。

恐らく鉄道の履歴研究者の関心は A >> B ≒ Cみたいな感じだと思うので、
少々期待(的)はずれかもしれませんがご理解ください。
(Aに関しては昔作って公開したExcelファイルにもそれっぽい内容が若干
盛り込まれているので、それとダブるのを避けたかったという意図もあります)

以上、例によって少々長くなりましたが次回は所在地変遷履歴の正誤(新情報)追加にあたって、
掲載基準となる条件などについて具体的に説明したいと思います。

本企画を始めるにあたって、出版元のJTBパブリッシング社様より
「同書内容と重複しない正誤・新情報追加ということなので作成・公開しても支障は無い」という旨
回答を得ておりますが、万一問題が生じた場合は公開を停止することもあり得ますので
予めご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekinenpyou.blog.fc2.com/tb.php/37-69572544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)