鉄道旅客輸送統計【懐古編】ブログ
鉄道旅客輸送統計【懐古編】サイト管理人の隠居部屋
駅の所在地にまつわる疑問点
鉄道フォーラムのサイト内に全国駅名事典訂補データという
コンテンツが追加されていました。(2017/7/9公開で誰でも閲覧可)、
拝見させていただいた際に、少し気がついた点を今回の記事にしてみます。

訂補データによると肥薩線 大畑駅の所在地は
会社回答で「人吉市上漆田町」になっているそうです。

これに対して当方は
「なるほど、確かにそういう回答になるかもしれないが
実態としては本当にそれで正しいのかな?」と感じました。

論より証拠という事で早速地図を確認してみると
大畑駅の一帯は人吉市上漆田町ではなく大野町の区域内になっています。
(少し拡大すると区域ごとの色分けと境界線が表示されます、上漆田町はもう少し北東)

地図サイトの表記は少々古いこともあるので
人吉市総合防災マップ(2017年03月01日)の詳細図№9(4.03MB)でも
確認しましたが同様で、産業考古学研究室の近代化産業遺産総合リスト・熊本県人吉市編でも
所在地は人吉市大野町になっています。

次に、なぜ所在地を「人吉市上漆田町」と会社が回答したのかについて
素人なりに推測してみます。

まずJR発足の際に提出された事業基本計画では所在地を
「人吉市上漆田町茂野4301番地」※としています。

※「停車場変遷大事典 国鉄・JR編」では上添田としているが、補遺データで上漆田へ訂正
なお停車場一覧S60.6.1現在では「人吉市大畑麓町」となっており所在地がいまいち
定まっていない(境界付近にあったのかも)

その後、大畑駅の一帯が上漆田町から分離して大野町(新設)に変更※されたらしく、
その際に所在地の変更が行われなかった(漏れた?)まま?になっていることが
原因になっているような気がします。

平成元年11月15日 県告示第864号(同日施行、下記は告示内容の引用)

上漆田町字大野、下漆田町字大野、大畑町字大野(4561の200を除く。)、大畑麓町字大野及び
これらの区域に介在する国有地の全部の区域をもって新たに大野町字大野を設定する。


以上、引用終わり

ということで恐らく届出上の所在地は「人吉市上漆田町」のまま※なのですが
現在は「人吉市大野町」になっているというのが事実という事になるのでしょう。
※駅名事典(H12・中央書院)も所在地は「人吉市上漆田町」のまま

鉄道事業者側の都合で駅を移転(位置を変更)する場合は
事業基本計画の変更となるため申請(認可を要するもの)・届出に
あたって新所在地の明記が必要なはずですが、
自治体合併などで所在地名が変更されたが駅の位置がそのままという場合は、
特に届け出なくても良いということなのかもしれません。
(そうでないと、平成の大合併とか多くの届出が・・・)

上記の確証はありませんので、詳しい方がいらっしゃれば
どのような決まりになっているのか、ご意見をお伺いしたいところです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekinenpyou.blog.fc2.com/tb.php/26-f0648269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)