鉄道旅客輸送統計【懐古編】ブログ
鉄道旅客輸送統計【懐古編】サイト管理人の隠居部屋
第三種鉄道事業者の実態に迫る
法律上の二条4項

鉄道線路を第一種鉄道事業を経営する者に譲渡する目的をもつて敷設する事業及び鉄道線路を敷設して当該鉄道線路を第二種鉄道事業を経営する者に専ら使用させる事業

と定義されている第三種鉄道事業、近年は多くなってきましたが
その事業内容は第一種・第二種鉄道事業のように旅客又は貨物の運送を行う
事業ではないので、※こちらの一覧でも☆印で区別されています。
そういったものの中で少々興味深いものを記事で紹介してみましょう。

※細かいですが一覧表の中で

1.( )内は、区分の種別が重複している事業者である。

とありますが例えば大阪市・万葉線・京福電気鉄道・広島電鉄・神戸新交通・広島高速交通
なんかが()の対象外に軌道側で分類されているのはなぜでしょう?
中途半端な感じが否めませんね。

続きを読む
スポンサーサイト
鉄道事業者どうしの重複区間
新年度になり少し経ち(三江線廃止などもあったので)、
各種データベース系サイト様で更新情報を早速発信しているようです、
ということで表題の部分も見てみましょう。

続きを読む
続・営業キロ設定区間の謎(JR以外)
先週の続きです

2.貨物キロ
国土交通省サイト内貨物鉄道事業者の概況2コマを参照すると
貨物専業の事業者以外にも細々と?輸送を継続している事業者が存在しています。

こうした事業者のうち貨物輸送ゼロ(実態なし)で鉄道統計年報(平成27年度)では
貨物キロが継続設定されているものに少々面白いものがあるので補足しておきましょう。
続きを読む
営業キロ設定区間の謎(JR以外)
鉄軌道の営業キロについてはおおむね資料ごと区間距離は一致しているけれども、
稀に違いが生じているという点は皆様ご存知の通りと思います。
(参考:駒鉄太郎の鉄道データベースサイト内民鉄の営業キロについて)

今週から「※鉄道統計年報(平成27年度)」をもとに上記のような
資料によって異なる営業キロ設定が行われている区間について
(今回はJR以外で)記事に簡単にまとめてゆきます。
※営業キロについては「2.作業量(4) 営業キロ及び走行キロ表」を参照


続きを読む